返済」タグアーカイブ

キャッシング返済は計画的にやりましょう

Published / by setton

キャッシングの返済というのは二つのやり方があります。それは約定返済と随時返済です。約定返済というのは口座を登録しておいて、そこから決まった日時に引き落としをしてもらうことです。

元本と利息を返済することになるのは同じではあるのですが極端に多い金額ではなく、どうしても返済期間が長くなってしまうと利息がとても多くなってしまう傾向がありますから注意しておきましょう。随時返済とはお金があるときに約定返済以外で返済する、ということです。

これが最も重要なポイントであるといえますから、しっかりと実行しておくことをお勧めします。何かと大変ではありますが昔よりはかなり良くなっていることであるといえるでしょう。具体的にはいいますと昔は自分で返済をしにいく必要があったからです。

しかし、今では勝手に口座から、ということができるようになっていますから極めて楽ができる状態であるといえます。総量規制などによって借りにくくなっていると思う人もいるかもしれませんが、それでも昔よりは利便性が高くなっていることは確かです。借りることはよいのですが、あくまで計画的に借りるようにしましょう。返済計画を立ててこそ、利用するメリットがあるサービスであるといえます。

まずは電話で連絡をしよう

Published / by setton

どうしても返済が難しい。

今月がそれでした。楽天スーパーローンの返済は月々一万円ですからそんなに負担ではないのですが、今月の支払日までにいろいろ物入りだったもので、あと数千円が足りません。

同僚に借りるとか、家族に借りるという手もあるにはあるのですが、ここはちょっと電話をしてみましょう、楽天銀行に相談しようと思いました。

専用デスクに電話をし事情を説明しましたら、返済専用の電話番号(フリーダイヤル)を教えてくださいました。

そこで相談をしますと、いつごろ返済できるのかとの質問。三日ほど遅れる旨を伝えますと、そのくらいならかまわないとのこと。

もちろん、延滞による損失金は発生しますが、それは返済する1万円から差し引くとのこと。それ以外に金利が上げられるということもなく、増額の申請に特に影響も出ないだろうとのこと。

相談してよかったと思いました。

家族や同僚にカードローンを利用していることを知られたくないというのは誰でも同じこと。

多少、返済額に影響は出るものの、無法な金額でもありません。

ただし、遅れた場合、督促のハガキは発送するとのことで、これは止められないようです。ただし、これも楽天銀行の名前で送られ、中身が見えない圧着式のハガキなので、家族には内容を知られることはありません(郵便物を勝手に開封されたら話は別ですが)。

連絡先への電話はあらかじめ遅れることを伝えておくと、連絡してこないという配慮もありがたいシステムです。

なお、三日後、ちゃんとコンビニのATMから入金を済ませました。

三日間の延滞料が引かれ、その残りを元金と金利に振り分けられていました。

どうしても返済が難しいという時は誰にでもあるもの。一番いけないのは、そのまま放置すること。

できることなら、あらかじめ電話をして、事情を説明しましょう。もちろん、返済はするのですが、いろいろ相談には乗ってくださいます。

おまとめローンの返済メリット

Published / by setton

キャッシングやローンを利用するときは、必ず返済することができるようにしなければなりません。

返済することができないと、生活に支障が出てしまいます。返済することができるようにするためには、おまとめローンを活用しましょう。おまとめローンには色々なメリットがあります。

まずは、利息の負担を減らすことができるということです。消費者金融や銀行など色々なところから借りていると、金額が小さい借り入れをたくさんの金融機関から受けていることがあります。

消費者金融や銀行に限らず、基本的には借り入れの金額が小さくなると金利が高くなってしまうことになります。金利が高くなると、当然ですが返済の負担が大きくなってしまいます。おまとめローンなら、返済を一元化することができるようになりますので、金利の負担を小さくすることができます。メリットは金利に関してだけではありません。

返済を一元化することができるということは、返済を分かりやすくすることに繋がります。返済する金融機関が多いと、口座がバラバラになったりして返済がややこしくなります。おまとめローンなら口座を一つにすることができるので、口座振替のミスもなくなり返済しやすくなります。