自動契約機」タグアーカイブ

自動契約機を利用中にどうしても外に出たくなった時には…

Published / by setton

キャッシング会社の自動契約機から申込みを始めると、審査が行われている間に質問をされることもあるので、原則的にそれが終わるまでその場で待っていないといけません。申込みから審査が終わり、カードの発行までには早くても1時間弱は掛かるので、自動契約機の利用には1時間以上は時間に余裕をもって行うべきだと言えますが、問題は途中でどうしても外出をしなくてはいけなくなった場合です。

その場合には、まず備え付けのインターホンでその旨を伝えてください。そして、どれくらいで戻って来られるのかを伝えて、必ず了解をとった上で外に出てください。自動契約機は誰かが利用している時は外から入れなくなります。この外出時にも誰かが入ってきてしまうことがないようにロックされるので、戻ってきた時には指定された電話番号まで掛けて開けてもらわなくてはいけません。できればこのような面倒なことが行いたくないでしょうから、用事やトイレなどは済ませてから利用してください。

ただその場で待っているのはヒマなので外に出たいというような理由では外出はできません。この外出ができるのは、どうしてもトイレが我慢できなくなった時や、急に仕事の電話を掛けなくていけなくなった時(自動契約機のボックス内の会話は全てキャッシング会社のオペレーターに聞かれているので、内容的にその場で掛けるのは問題がある場合)に限られます。

また、全てのキャッシング会社の自動契約機でこの一旦外出ができるとは限りません。同じ会社でも自動契約機ボックスのタイプによっては外出中にロックするようなことができない場合があるので、できる限りこれから1時間強は何も用事が入らないと分かっている状態で、トイレも必ず済ませてから自動契約機を利用するようにしてください。

自動契約機を使ったキャッシングの契約方法

Published / by setton

キャッシングの申込みにはいろいろな方法がありますが、自動契約機という方法もあります。これはどういう方法になるのでしょうか。これは無人契約機となることが多く、画面操作をするタイプが多いですね。

ATMのようにタッチ式の画面がありますから、それを操作していけばOKです。ここで入力が必要なのは、これからキャッシングへ申込みする方の氏名、住所、年齢、仕事、年収、現在借りている他のローンやキャッシングなど、審査に必要な項目です。

ちなみに、自動契約機以外の方法、たとえばそのキャッシングサービスの公式HPにある申込みフォームや、専用ダイヤルを使っても、これら申告が必要です。キャッシングの申込みには必ず必要な手続きになりますから、すべてきちんと申告してください。

自動契約機を使ってこの申込みをすると、その場ですぐに審査となり、待っていればその場ですぐに結果を連絡されます。合格だった場合、その自動契約機ですぐに契約手続きができ、それも終わればカード発行となり、すぐに借入できます。

このようなノンストップの手続きができるのが、自動契約機の特徴です。無人の機械ですから直接スタッフと顔を合わせる必要もありません。もちろんわからないことや聞きたいことがあれば、スタッフの呼び出しや連絡ボタンを押せば、すぐに連絡がつきます。

自動契約機はそのキャッシングサービスの店舗に設置されていることが多いです。非常に便利ですから、契約時に使ってみるといいでしょう。

消費者金融、自動契約機で申し込むには

Published / by setton

消費者金融で契約をする場合、自動契約機を使って申し込みをすることができます。

この自動契約機を使うメリットとしては、

・手続きがスムーズ

・人に見られることがない

などがあります。

「消費者金融を利用することを人に見られたくない」という人にとっておすすめのサービスです。

たとえばプロミスの場合、自動契約機を利用した手続きにかかる時間は、「約30分」となっています。

さらに、審査に通り契約が完了すれば、その場で借り入れをすることが可能です。

自動契約機で申し込みをする場合も、そのほかの申し込み方法と同様で、本人を確認できる書類が必要となります。

この「本人を確認できる書類」とは、プロミスの場合、

・運転免許証

・パスポート

・保険証+住民票

のいずれかとなります。

必要書類を持参した上で申し込み手続きをし、審査が完了すれば、その場でカードが発行されます。

このカードでの借り入れは、プロミスのATMだけでなく、コンビニATMでも使用することができます。

コンビニで利用できるのは、非常に便利ですね。

手軽で便利な、消費者金融の自動契約機。

消費者金融での契約および借り入れを検討している場合は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。