キャッシング契約」タグアーカイブ

自営業者の配偶者はキャッシング契約が出来ないのか?

Published / by setton

公務員やサラリーマンなどといった給与所得者の配偶者であれば、銀行カードローンやフリーローン、そして配偶者貸付に対応した消費者金融のキャッシングローンを契約することが出来ます。いわゆる、専業主婦でも借り入れ出来るということです。

しかし、気になるのは配偶者が自営業すなわち個人事業主の場合、専業主婦も貸付対象としているキャッシングローンが契約出来るかということです。銀行や消費者金融の場合、事業性資金に利用することが出来ません。結果、個人事業主は契約出来ないケースが多々あります。この影響が、配偶者に影響するかというと影響してしまいます。

そのため、個人事業主の配偶者がおり、専業主婦となると借り入れは出来ないと考えるのが妥当です。ですが、専業主婦ではなく、自営専従者となっていれば別です。この場合、個人事業主である配偶者から給与を貰っていることになり、収入は自分自身のものとなります。結果、配偶者の給与で返済しないため、銀行や消費者金融のカードローンを契約出来るケースがあるものの、ただし、確定申告を行うことが必要です。

旦那さんの職業により、自分自身もキャッシング契約に影響を避けるには専業主婦という属性から、自営専従者となることがおすすめです。パートやアルバイトにより収入を得るという方法もありますが、家業を手伝う必要があり、時間が割けないという人にはメリットは大きいものとなります。