主婦がキャッシングを行なう際には銀行カードローンを優先しよう

家計を預かる主婦がキャッシングを行なう際には、本人の収入有無により申込可能な金融業者の種類が変わります。本人にパート収入があり、希望借入額が少なければ消費者金融が候補に入るでしょう。しかし、専業主婦のように本人には全く収入が無ければ、貸金業法で定められた総量規制により消費者金融を始めとした貸金業者からは融資を受けられません。貸金業法以外の法律に準拠した融資を行っている銀行や信用金庫からキャッシングを行なうことになるでしょう。

銀行カードローンは、本人に収入が無くても配偶者との収入合算による審査を行ってもらえます。専業主婦ならば、本人の勤務先は無いので、配偶者の勤務先に電話連絡が入ると思われがちですが、基本的に配偶者の収入で審査を行っても勤務先へ在籍確認電話が入ることはありません。なぜなら、専業主婦が無収入でも生活出来る程度の収入があると見込まれるので、仕事をしていることは明らかだからです。個人信用情報機関へ信用情報照会をかけることで他社借入状況は確認出来るので、融資審査を行なうには十分でしょう。銀行カードローンの中には、専業主婦に対する申込みに寛容な銀行と厳しい銀行が存在するので、事前に下調べを行った上で申込先を選ぶことが大切です。