総量規制対象外となるローンについて

キャッシングサービスの利用者を保護する目的で制定された法律が総量規制という法律になります。総量規制の法律によって年収の3分の1を超えるキャッシングの利用が不可となり、まとまったお金を借りることが以前よりも難しくなりました。しかしこの総量規制の法律は全てのローンやキャッシングに適用されるわけではなく、総量規制対象外となっているローンやキャッシングも数多くあります。

総量規制対象外となるローンやキャッシングの代表的なものが銀行からのローンやキャッシングとなります。具体的に言うと、銀行で申込をして借りた住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやカードローン等が当てはまります。

カードローンは借りたお金が自由に使えますし、無担保となっていることが多いので、消費者金融のキャッシングと同じような感覚で使うことができるのでおすすめです。