申し込み」カテゴリーアーカイブ

自動契約機を使ったキャッシングの契約方法

Published / by setton

キャッシングの申込みにはいろいろな方法がありますが、自動契約機という方法もあります。これはどういう方法になるのでしょうか。これは無人契約機となることが多く、画面操作をするタイプが多いですね。

ATMのようにタッチ式の画面がありますから、それを操作していけばOKです。ここで入力が必要なのは、これからキャッシングへ申込みする方の氏名、住所、年齢、仕事、年収、現在借りている他のローンやキャッシングなど、審査に必要な項目です。

ちなみに、自動契約機以外の方法、たとえばそのキャッシングサービスの公式HPにある申込みフォームや、専用ダイヤルを使っても、これら申告が必要です。キャッシングの申込みには必ず必要な手続きになりますから、すべてきちんと申告してください。

自動契約機を使ってこの申込みをすると、その場ですぐに審査となり、待っていればその場ですぐに結果を連絡されます。合格だった場合、その自動契約機ですぐに契約手続きができ、それも終わればカード発行となり、すぐに借入できます。

このようなノンストップの手続きができるのが、自動契約機の特徴です。無人の機械ですから直接スタッフと顔を合わせる必要もありません。もちろんわからないことや聞きたいことがあれば、スタッフの呼び出しや連絡ボタンを押せば、すぐに連絡がつきます。

自動契約機はそのキャッシングサービスの店舗に設置されていることが多いです。非常に便利ですから、契約時に使ってみるといいでしょう。

誰かに借金をする前にキャッシングを検討しよう

Published / by setton

様々な理由によってお金が足りなくなってしまった場合は、どのようにその状況を乗り越えたら良いのでしょうか。

そのような状況において誰かにお金を借りるという方法を選ぶのは、自分の信用を保つためにもあまりオススメする方法とは言えません。ではどのような方法を選んだらよいのでしょうか。

誰かに借金をする前にキャッシングを検討しまししょう。キャッシングとは消費者金融や銀行がサービス展開をしているサービスで、住宅ローンやマイカーローン等とは違い、特定の用途に限定せずに借り入れを行うことができるサービスです。

またキャッシングとは別にカードローンと呼ばれるサービスもあり、どちらもそれぞメリットがあるので、自分の使いたい方に合わせて選ぶと良いでしょう。

基本的にキャッシングもカードローンも同じようなサービス内容になっていますが、カードローンの場合は限度額以内の利用を何回も行うことが可能です。

審査は最初だけになるので、最初にカードを発行した後は、利用する金額を自分で決めて自由に利用することが可能です。

自由に利用することができるといっても返済はしっかりと行う必要があるので、返済計画を十分に立てるようにしましょう。毎日の生活にキャッシングやカードローンを活用してみましょう。

キャッシングの申し込みの年齢制限について

Published / by setton

キャッシングを利用するには、キャッシング会社の申し込み資格を満たす必要があります。ほとんどのキャッシング会社の申し込み資格は「20歳以上の安定した収入」ということになっています。これだけを見れば下限年齢だけがあるように見えるので、上限年齢についてはわかりにくいのですが、キャッシング会社のほとんどは年齢の上限を設けていることが多いのです。

キャッシングの上限年齢についてはそれぞれの会社によって違いはありますが、ほとんどで65歳から70歳程度となっています。例え、高齢になっても仕事をもっており、かなり安定した収入があるという人であっても年齢制限は申込資格ですから、キャッシング各社の年齢の制限を超えるとキャッシングを利用することはできないのです。

なぜこのような上限年齢があるのかは「定年」と「年金」が大きく関わっています。大多数のサラリーマンは定年を迎えると収入がなくなっていまうか、大幅に減少してしまうことになります。それが返済能力に大きな影響を与えています。それに、キャッシング会社では年金を安定した収入に含めないので、高齢になると返済能力が減るとされるのです。高齢化の時代に上限年齢は低すぎると言えるかもしれませんが。

カードローンの借入先は幅広い選択肢から選ぼう

Published / by setton

カードローンの申込み先を検討する時には、金利設定がなるべく低くて返済日を自由に設定出来る所が理想です。更に返済方法が元金定額返済ならば、利息額を最小限に出来るので嬉しい限りですが、実際には残高スライドリボルビング方式という最も利息が増える方式が多く採用サれています。

随時返済を組み合わせることで、なるべく元金返済額を一定とすることが出来ますが、元金計算方法を覚える必要があり、管理に手間がかかります。借入しやすい消費者金融よりも、多少不便はあっても返済しやすい銀行カードローンを選ぶことが賢明となるわけです。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから、信用を付ければ利用限度額アップも狙えます。利用限度額アップが行えた段階で、他社借入がある際には実質的な借り換えを行なうと、毎月支払う利息額を減らすことが出来るでしょう。信用金庫が身近にあり、預金口座を持っているならば、信用金庫のカードローンも信販会社の商品を扱っているだけでなければ総量規制対象外です。

銀行カードローンの審査が厳しいと感じていても、消費者金融の金利設定は高いと考えるなら、間をとって信用金庫のカードローンを検討してみると良いでしょう。