審査」カテゴリーアーカイブ

キャッシングと本人確認について

Published / by setton

キャッシングは、あまりいいイメージがないですし、どうしても悪いことをしている気持ちになってしまうと思いますが、計画的に返済を考えてから借りれば、別に否定されることでもないと思います。むしろ、お金を借りたことでまたそこから一歩踏み出せるならいいと思っています。

まずは、本人確認が心配かなと思います。私の場合も、??さん、いますか?と電話が職場にかかってきました。

こうして、本人確認をするだなと内心ドキドキしましたが、知り合いの振りをしてくださったようで、会社に不審がられることもなく、大丈夫でした。

それから、数ヶ月後にも一度電話があったようですが、

事務の人が答えてくれたようで、こちらも話をあわせて全然大丈夫でした。

キャッシングの増額申込みについて知っておくこと

Published / by setton

キャッシングの利用限度額は初回にはあまり高額な金額設定になるということはほとんどありません。キャッシング業者の利用限度額が500万円であっても、始めの利用限度額は50万円以下に設定されることがほとんどです。

キャッシングの利用限度額を増額したいと考えている場合には、6ヶ月以上の利用実績が必要になると考えておきましょう。6ヶ月以下で利用限度額の増額申込みをしても、まず増額されることはありません。それに、利用限度額の増額にはキャッシング業者の審査が必要になります。また、自分では増額申込みをすることがなくても、キャッシング業者側から利用限度額の増額の勧誘がされることもあります。もちろん、キャッシング業者側から利用限度額が増額の勧誘があれば、利用者が利用限度額の増額を規模王することになれば、増額審査に通ることが多いようです。

消費者金融では総量規制の対象になっているので、年収の三分の一を超える融資をすることはできませんので、利用限度額の増額も最大で年収の三分の一までになります。キャッシング業者の最大利用限度額に関係なく、個人の総量規制により利用限度額があるということです。銀行では総量規制はありませんが、増額審査に通りにくくなっています。

複数のキャッシングで実現可能とされる増額申込み

Published / by setton

増額申込みの仕組みは、複数のキャッシングのサービスにおいて導入されるものとして、現在関心が強く示されているのではないかと思います。既に融資を受けている人が、必要に応じて融資の増額を申請できる制度であると考えられており、条件に合致する人に向けて増額申込みの認可を与えることが展開されています。

柔軟にキャッシングのサービスを利活用するきっかけになると考えられていることから、増額申請のできる仕組みを取り入れるキャッシングのサービスは、ユーザーからも利便性の高いものとして評価が示されています。

融資の増額を申請する際には、各金融機関によって条件が指定されていると考えられています。

その条件に合う人に対しては、増額申込み後に審査を実施することがプロセスに組み込まれており、その後に増額の可否を決めることが一般的な流れとなっています。ケースバイケースで増額申込みの方法は異なると認識されていますが、スムーズに申請やその後の審査に入ることができる可能性は高いのではないでしょうか。

そのため、増額申込みの仕組みを上手に活用する融資を受ける人は、これまでに比べて更に多くなるのではないかと考えられており、この仕組みが浸透することが期待されています。

消費者金融、自動契約機で申し込むには

Published / by setton

消費者金融で契約をする場合、自動契約機を使って申し込みをすることができます。

この自動契約機を使うメリットとしては、

・手続きがスムーズ

・人に見られることがない

などがあります。

「消費者金融を利用することを人に見られたくない」という人にとっておすすめのサービスです。

たとえばプロミスの場合、自動契約機を利用した手続きにかかる時間は、「約30分」となっています。

さらに、審査に通り契約が完了すれば、その場で借り入れをすることが可能です。

自動契約機で申し込みをする場合も、そのほかの申し込み方法と同様で、本人を確認できる書類が必要となります。

この「本人を確認できる書類」とは、プロミスの場合、

・運転免許証

・パスポート

・保険証+住民票

のいずれかとなります。

必要書類を持参した上で申し込み手続きをし、審査が完了すれば、その場でカードが発行されます。

このカードでの借り入れは、プロミスのATMだけでなく、コンビニATMでも使用することができます。

コンビニで利用できるのは、非常に便利ですね。

手軽で便利な、消費者金融の自動契約機。

消費者金融での契約および借り入れを検討している場合は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

利用限度額は10万円毎とコース毎ならどっちがいい?

Published / by setton

銀行カードローンの契約を検討する際、利用限度額が『10万円毎』またはコース毎の2パターンがあるのに気付く筈です。各銀行毎にそれぞれ異なり、コース毎の方が利用限度額が高くなるのではないかと期待します。しかし、コース毎に利用限度額が選択出来る場合、審査自体が厳しめになるだけでなく、金利も固定されるといったことになってしまいます。また、必要最小限の利用限度額を確保したいという場合、余計な限度額となり、選択肢の幅が狭まる可能性もあります。

一方で、10万円毎に利用限度額が決定される場合、余計な限度枠で契約をせずに済むだけでなく、契約者自身が限度額を減らして申し込むことも可能になります。また、金額が高くなるほど審査が厳しくなるため、初めのうちは最小限の限度で申し込みを行い、増額案内を待つという方法も出来ます。さらに、限度額が10万円毎に設定される場合、他ローン審査の前に利用していない分の限度枠を減らして、審査結果に有利な条件にすることも出来ます。

実際、コース毎の場合は固定金利により、金額毎に金利も下がるカードローンもあり、双方に一長一短があります。そのため、ライフスタイルや利用目的に合わせたカードローンを契約することが重要になります。ただし、コース毎のカードローン選ぶポイントとしては、100万円以下のコースが多いものがおすすめとなり、選択肢が多くなります。

銀行カードローンと総量規制外について

Published / by setton

2010年の改正貸金業法の完全施行によって銀行を除く貸金業者は総量規制の法的な規制を受けることになりました。具体的には貸金業者は顧客の年収の三分の一を越えての融資をすることは禁止になったのです。法的な拘束力をもっといますから、強力な規制です。一方の銀行は銀行法では総量規制は導入されませんでしたから、銀行は総量規制の対象外となっています。

事実関係を見れば、貸金業者は総量規制の対象であるから商売に不利であり、銀行は総量規制の対象外であるから商売に有利と見えます。しかし、実際にはそれほど単純ではありません。銀行においては確かに総量規制の対象外であることは不利ではありませんが、普通で考えるより有利というわけではありません。

貸金業法で貸出の規制がおおなわれるのはそれ以上の借入をすると返済に支障が出やすいという基準でもあります。総量規制の対象外であるからといって年収の三分の一以上の貸出をすれば、貸倒れのリスクが大きくなることを意味しています。

貸倒れのリスクが大きい貸出を金利の低い銀行がかんたんにではできるはずもなく、銀行にとっては総量規制の対象外ということは貸出額の大きな増加には繋がらいなということなのです。

すぐにキャッシングを利用するための手順

Published / by setton

すぐにキャッシングを利用するための手順は、キャッシングの流れを知っておく必要があります。即日融資を行う上でも流れを知っている事は非常に大切な事になるので、流れを事前に把握して消費者金融を利用するようにしましょう。お金がどうしても必要になりキャッシングを行う場合は、まずは業者選びを行う必要があります。業者はそれぞれが独自のカラーでサービスを展開していますが、少しでも自分に適している業者を選ぶ事が大切です。また信頼する事が出来る業者を選ぶ事が大切になるので、評判なども確認した上で利用を考えるようにしましょう。

様々な業者を比較して利用したい消費者金融が決まったら、申し込みを行う事になります。申し込みは電話やインターネット、店舗、無人契約機などを利用することが出来ますが、それぞれにメリットがあるので好きな方を選んで申し込みましょう。また様々な書類などが必要になります。身分証明書としては免許書が利用出来ますし、パスポートや健康保険証などでも大丈夫です。しかしパスポートや健康保険証の場合は住民票も必要になるので用意するようにしましょう。借り入れ額が50万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。源泉徴収票、確定申告書、など最新のものを用意するようにしましょう。

楽天銀行スーパーローンの特徴で利用者がメリットになる点

Published / by setton

銀行のカードローンのサービスは大手銀行が主流でしたが、ネットの発達とスマホの普及によってネット銀行を選ぶ人が増えてきています。ネット銀行の中で最も有名な楽天銀行のカードローンのサービスの楽天銀行スーパーローンを利用する人が特に増えてきていて今後ネット銀行のカードローンが主流になっていく可能性があります。そこで特に利用者が多い楽天銀行スーパーローンの特徴について見ていく事にしましょう。

・上限金利が14.5%と低金利なので借り入れする時の安心感がある

楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%前後に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低くなっています。借り入れする時に加算される利息も少なくなるので安心して返済していく事が出来ます。完済までもスムーズなので低金利に設定されているのは利用者にとってメリットになります。

・すべての手続きがネットで完結

楽天銀行はネット銀行なので店舗や契約機が設置されていません。カードローンの申し込みをする時はネットでする事になるのでパソコンやスマホで申込手続きをします。ホームページから申し込みをすると契約手続きや借りいれなどすべての手続きが出来るので利用者にとってはすごく便利でメリットになります。

キャッシングの審査のポイントに関すること

Published / by setton

かなりキャッシングでお金を借りやすくなっている、というイメージがあるでしょう。実際にその通りではあるのですが、実は法律的には厳しくなっています。それが総量規制であり、これがありますから、基本的にはキャッシングサービスというのは誰にでも業者の判断で貸すことができるサービスではなくなった、ということがあります。

この点はよくよく理解しておいたほうがよいでしょう。キャッシングというのは、基本的には無担保であり、そして、保証人もなしでお金を貸してもらうことができます。そのため、やはり社会的な問題になったこともあり、それに対して総量規制をつけよう、と政府がしたわけです。

そして、それは既に実行されています。これは審査において収入があるかどうかを確認して、その人の年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはいけない、という貸し付けの総量に関する制限になります。ですから、これがあるので誰にでも貸すようなサービスではなくなった、ということになります。

なかなか難しいことであると思うかもしれませんが、それでも金融サービスにおいては最も借りやすいことは確かであるといえますから、いつでも利用することができるようにカードを発行してもらっておくとよいでしょう。

カードローンの特徴について理解すること

Published / by setton

カードローンとは、カードを用いて利用することができるキャッシングサービスになります。今ではキャッシングもカードを利用しているようになっていますが、昔はカードローンがカードを使うタイプの融資であった、という経緯があります。

実際、どこが提供しているのか、という程度の違いであり、キャッシングもカードローンもサービスとしてはやってくれることは同じです。それがお金を貸してくれる、ということであり、それに加えて特徴的であるのが極度方式で貸してくれることです。この極度方式というのが肝になりますから、よくよく理解しておくと良いでしょう。

具体的にいいますとそれはこの額までならば貸せる、という限度を最初に設定してもらうことです。そして、その範囲内であれば何度でも貸してくれる、ということになります。これが極度方式という貸し付け方になります。

ですから、最初に限度額が30万円と設定されたのであれば、10万円借りて、更に5万円借りた場合、15万円が残りの限度額になりますがこの後、10万円返しますと25万円に限度額が戻る、ということになります。これがカードローンの一般的な貸し付け方になっているので覚えておきましょう。