おまとめローン」カテゴリーアーカイブ

銀行カードローンをおまとめローンとして使ってみよう

Published / by setton

銀行カードローンは、総量規制対象外ですから、返済能力が十分にあれば実質的なおまとめローンとしての借り換えに適しています。消費者金融が行っている貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の例外として認められているので、おまとめローンへの借り換え後には完済するまで他社からの借入は制限されます。

総量規制に抵触しない程度まで融資残高が減った後は、本来ならば追加融資を受けられてもおかしくありませんが、業界内の自主規制により追加融資が行われることはありません。いざという時に追加融資を受けられないリスクを抱えたままおまとめローンを利用することになります。

一方、銀行カードローンならば、最初から借り換え目的を禁止されていない限りは大きな利用限度額を活かしておまとめローンとしての利用が可能です。返済を継続することで、いざ急な出費が増えた時に追加借入を行なうことが出来ます。なぜなら、銀行カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能だからです。

おまとめローンとして借入を行っているわけでは無いので、追加融資を受ける際に問題が発生しません。銀行カードローンを利用すれば、計画的な返済を低金利で行えるので、一度検討してみると良いでしょう。

おまとめローンの審査に通るポイント

Published / by setton

複数の金融機関から複数の借金をしている人にとって、おまとめローンはメリットの多いローン商品です。借金の管理が簡素化されますし、金利も低くなることが多いので総返済額を減らすことができます。ただし、そのメリットもおまとめローンを利用できるという条件が必要です。おまとめローンの審査に通ることが必須条件なのです。

一般的におまとめローンの審査は他のローン商品よりも審査が厳しくなっていることが普通です。審査が厳しくなる理由は金融機関からみておまとめローンの利用を希望する人はリスクが高い人であるからです。多重債務者に融資をすることと金利を低くすることで金融機関の融資リスクが格段に上がります。

しかし、諦めればおまとめローンのメリットを受けることができませんから、おまとめローンの審査に通るように行動しましょう。おまとめローンの審査に通るためには2つの行動が有効です。一つは返済能力を上げることです。給与が増えた、派遣社員から正社員になった、などでは金融機関の審査に返済能力をプラスをアピールできます。もう一つは他の借入件数を減らすことです。借入件数が多ければ多いほどおまとめローンの審査には通りにくいと考えるべきです。完済できるものは完済してしまいましょう。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしても利用可能

Published / by setton

複数の金融機関から借り入れがある場合、返済日や返済金額、借入元金などはバラバラであることが多く、返済管理を難しくしている大きな要因になっていると言っても過言ではありません。

そんな複数社にまたがる借入金を一本化できるローンサービスをおまとめローンといいますが、三井住友銀行のカードローンはおまとめローンとしても利用可能なので、複数の消費者金融などから借入金がある場合には、利用をおすすめします。

一般的な消費者金融系のキャッシングの場合は最大金利は18.0%となっていますが、三井住友銀行カードローンの最大金利は14.5%となっています。従って消費者金融から借り入れがある場合は三井住友銀行カードローンへまとめることで支払利息を大きく節約できる可能性が高いのです。

加えて三井住友銀行カードローンは、契約極度額が最高で800万円と高額設定な上に、銀行カードローンということで総量規制外となっています。

他社からの借り入れ金をまとめた結果、高額になってしまった場合でも、年収の3分の1を超えてしまっている場合でも安心して利用ができるのです。

なお三井住友銀行カードローンはインターネットバンキングから申し込みを行うことで、本人確認書類の提出が不要となるので、契約にかかる手間を少なくすることができます。

利用者が多くなってきた楽天銀行スーパーローンの特徴

Published / by setton

銀行カードローンは銀行という信用出来る金融機関なので、消費者金融より安心して利用出来ると言われています。銀行カードローンはメガバンクのカードローンの評判が特に高いのですが、最近利用者が多くなってきたのが楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンはネットバンキングの楽天銀行のカードローンなので店舗やATMが設置されていません。そのため手続きがすべてインターネットでするので利便性が優れているカードローンです。

楽天銀行スーパーローンは利便性が優れているカードローンですが、銀行カードローンという事もあって金利も低く設定されています。最高金利でも14.5%になっているので消費者金融の18%よりはるかに低いです。金利が低く設定されていると利息が加算されるのも少なくなるので返済する時の負担も軽減する事が出来ます。そのため安心して返済していけるカードローンと言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローンは銀行カードローンなので総量規制の対象外で年収3分の1以上の借り入れも可能です。そのためおまとめ向きのローンでもあり複数の業者から借金をしてしまって一つにまとめるためにおまとめローンとして楽天銀行スーパーローンを利用している人もいます。

おまとめローンを申請するタイミングについて

Published / by setton

長く続いた不況からようやく脱出しつつある日本経済ですが、やはり家計費の圧迫は未だに終息に至っていないと思います。家計圧迫の原因は、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンそしてキャッシングだと考えます。しかし、住宅ローンや教育ローンなどは高額なため、借り換えなどなかなか難しいです。

そこで少しでも利息や返済金額を抑えるために選ばれるのがおまとめローンです。これに向いているのが、マイカーローンやキャッシングです。しかし、おまとめローンを申請する際に重要なのがキャッシングとも言われています。現在では、クレジットカードの多くにキャッシング枠が設けられています。

突然の出費にも対応が可能なため、非常に便利ですがクレジットカードが増える毎におまとめローンの審査合格率が低下します。それは、キャッシングもローンと考えられ収入に対する割合が定められているからです。クレジットカードは様々な店で特典を受けるために作ってしまいますが、キャッシング枠だけは使用しないまたは元々付帯させないことをオススメします。

キャッシング枠が足枷になり、おまとめローンが組めなくなります。返済期間や返済金額の抑制は非常に効果的です。そこで、もしおまとめローンを審査するのであれキャッシング枠の廃止や不要なクレジットカードの解約をオススメします。解約後、半年ほど時間を設け、おまとめローンを申請すると審査の合格率が向上します。

これにより、少しでも出費を抑えることが出来ますので、審査前に一度確認する事をオススメします。

おまとめローンのメリットと注意点

Published / by setton

おまとめローンを利用すれば、返済負担を抑えることが可能です。おまとめローンとは、利用している複数の借入を一本化することです。具体的には、おまとめローンとして借りたお金を、これまで利用していた複数の借入の返済に充てます。そうすることによって、複数の借入は全て完済することが出来て、その後はおまとめローンのみを支払っていくことになります。

おまとめローンを利用すれば、これまで毎月何回も行っていた返済処理を一回で済ませることが出来るようになるメリットがあります。しかし単に借り換えを行っただけでしたら金額的なメリットは有りませんが、これまで利用していた借入よりも低い金利でおまとめローンを利用出来れば、金利の差額分だけの返済負担を軽減させることが可能です。

また、おまとめローンでは約定返済額をこれまでよりも低く見直すことも可能です。たとえば100万円を3箇所から借りていて、毎月の約定返済額が合計5万円の場合に、おまとめローンとして300万円の融資を受けて、約定返済額を3万円にすると言った方法です。そうすれば、月々の返済負担を減らすことが出来ますので、家計にも余裕を持たせることが可能です。

しかし毎月の約定返済額を減額させると言うことは、その分完済するまでの期間が延びるということになります。そうなると折角借り換えによって金利負担を軽減出来たにも拘らず、利息負担が逆に増えてしまうことになり、最終的な総支払額が借り換え前よりも増える恐れがあります。ですので、おまとめローンを利用する際には、必ず完済するまでの返済シミュレーションを行うことが必要です。

ローンの借り換えには、通常のカードローンをおまとめ用として利用することも出来ますし、おまとめローンとして商品化されたサービスを利用する方法もあります。通常のカードローンでしたら、即日融資を受けることも可能ですが、総量規制の対象となりますので、既に複数の借入を利用している方の場合は、規制に引っ掛かってしまう恐れもあります。その点、おまとめローンでしたら、総量規制に関係なく利用することが出来ます。