キャッシング審査の過程における本人確認

キャッシング審査において本人確認は必須であり、まずは審査申込の際に本人である事を証明する書類として、運転免許証や保険証、パスポート等から1点提出が必要です。
提出資料を確認する作業として、業者が在籍している勤務先に電話確認を行う作業もあり、その作業が終われば本人確認は終了して審査結果次第で契約に至ります。

この時の電話連絡による在籍確認は、条件次第で回避する事が出来る所もあり、勤務先が記載された保険証を提示する等が必要になりますが、会社に電話がかかってくるのは避けたい場合は相談すると良いです。
もちろん在籍確認電話を必須にしている業者もありますから、本人確認のルールを知った上で申し込み先を選ぶ必要もあり、キャッシングを行う前に各業者のサービス内容をチェックする際、在籍確認がどうなっているか見ておくと良いでしょう。

書類の提出は郵送やファックス、メール添付と様々な方法がありますが、最近はネット経由で完結するサービスも整っており、本人確認資料をスマホカメラで撮影して、それを業者指定の場所にアップロードするだけで提出完了の所も増えています。本人が業者に足を運んで担当者と対面しなくても、本人確認が出来るという事です。