投稿者「setton」のアーカイブ

主婦がカードローンの申し込みをする時の注意点

Published / by setton

主婦がカードローンを利用する時に審査が不利になるというイメージがありますが、20歳以上で安定した収入を得ていれば可決されます。主婦でもカードローンを利用してお金を借りる事も出来ますが、申し込みをする時に注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで主婦がカードローンの申し込みをする時にどのような点を注意すればいいのか確認していく事にしましょう。

・借入希望額を低くする

主婦は正社員に比べて収入が低いので借入希望額を高くしてしまうと業者側から返済する事が出来るのかと疑われてしまいます。それで返済能力がないと判断されて審査が否決されてしまう事もあります。主婦がカードローンの申し込みをする時は借入希望額を低くするようにしましょう。

・正確な情報を入力する

主婦は審査が不利になる事が多いと言われているので業者側に少しでも良く見せるために嘘の情報を入力してしまう事があります。しかし審査の時に信用情報をしっかり確認するので小さな嘘でもバレてしまいます。嘘がバレてしまうと虚偽の情報を入力したと判断されて審査が否決されて今後カードローンを利用する事が出来なくなる可能性もあります。主婦がカードローンの申し込みをする時は正確な情報を入力するようにしましょう。

即日融資を受けられる窓口申込みを行なってみよう

Published / by setton

インターネット経由での申込み方法が広まっているので、即日審査完了出来る金融業者は珍しくなくなりました。しかし、即日融資を受けるためには、振込融資か専用ローンカードによる借入が必要となるので、最終的な融資を受ける手段の確保までを考える必要があります。振込融資であれば、平日の14時迄に審査が完了して、振込融資の申込みが終わっていなければ当日中に融資を受けることは一部の例外を除いて難しいでしょう。専用ローンカードであれば、自動契約機コーナーまたは窓口にて発行してもらうか、一部銀行のように既存のキャッシュカードにカードローン機能を追加する方式しかありません。少なくとも郵送による専用ローンカード送付の時点で即日融資は無理でしょう。

窓口申込みならば、専用ローンカードの発行有無に関わらずその場で融資を受けることが可能です。窓口で審査結果が出た時点で、そのまま窓口借入を申し出れば良いだけです。専用ローンカードの発行を窓口で出来る金融業者ならば、その場で発行してくれるでしょう。しかし、消費者金融の窓口は、大手ほど見かけない状況となっており、銀行ではテレビ窓口が同じ役目を果たしています。即日融資を受けられるカードローン窓口として有望視されているのは、信用金庫という点に意外性を感じる人もいるでしょう。窓口申込みが出来て、即日融資が可能な金融業者には、信用金庫が身近な存在です。

カードローンの借入先は幅広い選択肢から選ぼう

Published / by setton

カードローンの申込み先を検討する時には、金利設定がなるべく低くて返済日を自由に設定出来る所が理想です。更に返済方法が元金定額返済ならば、利息額を最小限に出来るので嬉しい限りですが、実際には残高スライドリボルビング方式という最も利息が増える方式が多く採用サれています。

随時返済を組み合わせることで、なるべく元金返済額を一定とすることが出来ますが、元金計算方法を覚える必要があり、管理に手間がかかります。借入しやすい消費者金融よりも、多少不便はあっても返済しやすい銀行カードローンを選ぶことが賢明となるわけです。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから、信用を付ければ利用限度額アップも狙えます。利用限度額アップが行えた段階で、他社借入がある際には実質的な借り換えを行なうと、毎月支払う利息額を減らすことが出来るでしょう。信用金庫が身近にあり、預金口座を持っているならば、信用金庫のカードローンも信販会社の商品を扱っているだけでなければ総量規制対象外です。

銀行カードローンの審査が厳しいと感じていても、消費者金融の金利設定は高いと考えるなら、間をとって信用金庫のカードローンを検討してみると良いでしょう。

キャッシングの返済で金利よりも重視すべきこと

Published / by setton

キャッシングを利用する時に金融機関のどの利用条件を重視すればいいのでしょうか。ほとんどはまずは金利、次に審査が厳しいかどうかを重視するのではないでしょうか。しかし、キャッシングを利用する際にもっとも重視しなければならないのは金融機関の利用条件ではなく、利用期間を短くすることなのです。

もちろん、金利が低い金融機関の利用を無視するというわけではありません。キャッシングの利用金額が多かったり、どうしても返済期間が長くなってしまうような借入では金利は最重要な要素であることは事実です。返済期間が同じであれば、金利が低いほうが利息額は少なくて済みます。

ただ、利用金額が大きくないという場合には金利の高い低いよりも返済を早くしてしまう方が利息額が低くなるのです。その理由は金融機関のキャッシングの返済がほとんどがリボ払いになっていることが影響しています。リボ払いですと元本が多く残っている間は返済額に利息額が占める割合が大きくなっていまいます。

元本を減らさないと利息額は大きいままですし、ますます返済期間も長くなってしまいます。無理な返済は止めましょうは道理ですが、返済できるギリギリの返済をすることは自分を助けることにつながるのです。

消費者金融、自動契約機で申し込むには

Published / by setton

消費者金融で契約をする場合、自動契約機を使って申し込みをすることができます。

この自動契約機を使うメリットとしては、

・手続きがスムーズ

・人に見られることがない

などがあります。

「消費者金融を利用することを人に見られたくない」という人にとっておすすめのサービスです。

たとえばプロミスの場合、自動契約機を利用した手続きにかかる時間は、「約30分」となっています。

さらに、審査に通り契約が完了すれば、その場で借り入れをすることが可能です。

自動契約機で申し込みをする場合も、そのほかの申し込み方法と同様で、本人を確認できる書類が必要となります。

この「本人を確認できる書類」とは、プロミスの場合、

・運転免許証

・パスポート

・保険証+住民票

のいずれかとなります。

必要書類を持参した上で申し込み手続きをし、審査が完了すれば、その場でカードが発行されます。

このカードでの借り入れは、プロミスのATMだけでなく、コンビニATMでも使用することができます。

コンビニで利用できるのは、非常に便利ですね。

手軽で便利な、消費者金融の自動契約機。

消費者金融での契約および借り入れを検討している場合は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

利用限度額は10万円毎とコース毎ならどっちがいい?

Published / by setton

銀行カードローンの契約を検討する際、利用限度額が『10万円毎』またはコース毎の2パターンがあるのに気付く筈です。各銀行毎にそれぞれ異なり、コース毎の方が利用限度額が高くなるのではないかと期待します。しかし、コース毎に利用限度額が選択出来る場合、審査自体が厳しめになるだけでなく、金利も固定されるといったことになってしまいます。また、必要最小限の利用限度額を確保したいという場合、余計な限度額となり、選択肢の幅が狭まる可能性もあります。

一方で、10万円毎に利用限度額が決定される場合、余計な限度枠で契約をせずに済むだけでなく、契約者自身が限度額を減らして申し込むことも可能になります。また、金額が高くなるほど審査が厳しくなるため、初めのうちは最小限の限度で申し込みを行い、増額案内を待つという方法も出来ます。さらに、限度額が10万円毎に設定される場合、他ローン審査の前に利用していない分の限度枠を減らして、審査結果に有利な条件にすることも出来ます。

実際、コース毎の場合は固定金利により、金額毎に金利も下がるカードローンもあり、双方に一長一短があります。そのため、ライフスタイルや利用目的に合わせたカードローンを契約することが重要になります。ただし、コース毎のカードローン選ぶポイントとしては、100万円以下のコースが多いものがおすすめとなり、選択肢が多くなります。

返済当初は元本が減り難い!返済が厳しいと思う前に認識が必要!

Published / by setton

キャッシング契約により借り入れを行う際、毎月の返済金額に占める利息と元本の割合が気になることがあります。その際、計算よりも利息の割合が高く、本当に完済が出来るのか心配になることもあります。また、返済額に占める元本と利息の割合を認識しなければ、借り過ぎに至る可能性もあります。

現在、一般的な借入後残高スライド元利定額返済方式の場合、返済初めは元本よりも利息の返済に優先されます。その結果、返済を繰り替えることで元本割合が高くなり、返済効率が図られます。しかし、追加での借り入れを繰り返すことにより、常に利息の割合が高くなるといった危険性もあり、借り入れの際は返済方式の特徴を理解することが重要になります。

より効率良く返済を行い、完済までの期間を短縮したいという方は、借入後残高スライド元利定額返済方式などの返済方法よりも毎月定額で返済する方が、完済までの期間を短くすることが可能になります。また、借入後残高スライド元利定額返済方式だったとしても、『初めは利息の割合が高い』と認識し、繰り上げ返済を行うことで効率よく元本を減らすことが可能ということを認識することで、早期完済を実現することも可能です。

返済期間中、元本が減らないといった状況において、完済出来るかどうか不安になった際は、大手消費者金融の返済シュミレーションを利用することをおすすめします。この方法を利用することで、少なからず安心感を得ることが可能です。

消費者金融を利用した方がいい理由

Published / by setton

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、上限金利を比較してみると銀行は14.5%前後、消費者金融は18%前後で設定されているので銀行の方が条件が良いです。しかし消費者金融を利用した方がいいという声が最近になって増えてきています。そこでなぜ消費者金融を利用した方がいいのか理由を見ていく事にしましょう。

・融資スピードが早い

カードローンの申し込みをすると審査が行われますが、銀行は審査結果が出るまで数日かかってしまう事が多いので融資可能になるのも遅くなってしまいます。しかし消費者金融は審査が即日回答なので即日融資を受ける事が出来ます。融資スピードが早いのが消費者金融を利用した方がいい理由の一つです。

・無利息サービスがある

銀行は消費者金融に比べて金利が低く設定されていますが、初回の借り入れから利息が加算されていきます。しかし消費者金融は金利が高く設定されていても無利息サービスがあるので30日間は無利息でお金を借りる事が出来ます。少額の借り入れだと無利息サービスが適用されれば消費者金融の方が借り入れの条件が良くなってしまいます。無利息サービスが適用される初めて利用する人も消費者金融を利用した方がいいです。

キャッシング先の比較は詳細に行ってから決めたい

Published / by setton

キャッシングが必要になった時に、新規申し込みをする際は条件を慎重に比較して決める必要があります。なぜなら、見た目の金利だけでは返済総額が一概に多いか少ないか分からないからです。返済方法によっては、金利が同じであっても総利息が増えてしまい、損をしかねません。残高スライド元利定額リボルビング方式よりも、元金定額リボルビング方式の方が返済回数が少なくなるので、同じ金額を借入しても返済総額を減らせます。

一方、キャッシングの申込先を決める時には、金利と返済方法だけを比較しても最適な金融業者かどうかは分かりません。実際にキャッシングするためには、少なくとも申し込み審査に通過しなければならないからです。銀行カードローンでは、保証会社が実質的な審査業務を行っており、保証会社としてどの金融業者が指定されているのか確認してからの申し込みが必要です。過去にトラブルがあった金融業者が保証会社として付いていた場合には、確実に審査落ちしてしまうでしょう。

消費者金融の中には、大手ほど審査業務自体を外部委託しているケースがあるので、どの審査会社が担当しているか調べておくことも重要です。同時に2社に申し込みを行って、同じ審査会社が担当すると審査落ちリスクが高くなるからです。

おまとめローンの審査に通るポイント

Published / by setton

複数の金融機関から複数の借金をしている人にとって、おまとめローンはメリットの多いローン商品です。借金の管理が簡素化されますし、金利も低くなることが多いので総返済額を減らすことができます。ただし、そのメリットもおまとめローンを利用できるという条件が必要です。おまとめローンの審査に通ることが必須条件なのです。

一般的におまとめローンの審査は他のローン商品よりも審査が厳しくなっていることが普通です。審査が厳しくなる理由は金融機関からみておまとめローンの利用を希望する人はリスクが高い人であるからです。多重債務者に融資をすることと金利を低くすることで金融機関の融資リスクが格段に上がります。

しかし、諦めればおまとめローンのメリットを受けることができませんから、おまとめローンの審査に通るように行動しましょう。おまとめローンの審査に通るためには2つの行動が有効です。一つは返済能力を上げることです。給与が増えた、派遣社員から正社員になった、などでは金融機関の審査に返済能力をプラスをアピールできます。もう一つは他の借入件数を減らすことです。借入件数が多ければ多いほどおまとめローンの審査には通りにくいと考えるべきです。完済できるものは完済してしまいましょう。