投稿者「setton」のアーカイブ

利用限度額は10万円毎とコース毎ならどっちがいい?

Published / by setton

銀行カードローンの契約を検討する際、利用限度額が『10万円毎』またはコース毎の2パターンがあるのに気付く筈です。各銀行毎にそれぞれ異なり、コース毎の方が利用限度額が高くなるのではないかと期待します。しかし、コース毎に利用限度額が選択出来る場合、審査自体が厳しめになるだけでなく、金利も固定されるといったことになってしまいます。また、必要最小限の利用限度額を確保したいという場合、余計な限度額となり、選択肢の幅が狭まる可能性もあります。

一方で、10万円毎に利用限度額が決定される場合、余計な限度枠で契約をせずに済むだけでなく、契約者自身が限度額を減らして申し込むことも可能になります。また、金額が高くなるほど審査が厳しくなるため、初めのうちは最小限の限度で申し込みを行い、増額案内を待つという方法も出来ます。さらに、限度額が10万円毎に設定される場合、他ローン審査の前に利用していない分の限度枠を減らして、審査結果に有利な条件にすることも出来ます。

実際、コース毎の場合は固定金利により、金額毎に金利も下がるカードローンもあり、双方に一長一短があります。そのため、ライフスタイルや利用目的に合わせたカードローンを契約することが重要になります。ただし、コース毎のカードローン選ぶポイントとしては、100万円以下のコースが多いものがおすすめとなり、選択肢が多くなります。

返済当初は元本が減り難い!返済が厳しいと思う前に認識が必要!

Published / by setton

キャッシング契約により借り入れを行う際、毎月の返済金額に占める利息と元本の割合が気になることがあります。その際、計算よりも利息の割合が高く、本当に完済が出来るのか心配になることもあります。また、返済額に占める元本と利息の割合を認識しなければ、借り過ぎに至る可能性もあります。

現在、一般的な借入後残高スライド元利定額返済方式の場合、返済初めは元本よりも利息の返済に優先されます。その結果、返済を繰り替えることで元本割合が高くなり、返済効率が図られます。しかし、追加での借り入れを繰り返すことにより、常に利息の割合が高くなるといった危険性もあり、借り入れの際は返済方式の特徴を理解することが重要になります。

より効率良く返済を行い、完済までの期間を短縮したいという方は、借入後残高スライド元利定額返済方式などの返済方法よりも毎月定額で返済する方が、完済までの期間を短くすることが可能になります。また、借入後残高スライド元利定額返済方式だったとしても、『初めは利息の割合が高い』と認識し、繰り上げ返済を行うことで効率よく元本を減らすことが可能ということを認識することで、早期完済を実現することも可能です。

返済期間中、元本が減らないといった状況において、完済出来るかどうか不安になった際は、大手消費者金融の返済シュミレーションを利用することをおすすめします。この方法を利用することで、少なからず安心感を得ることが可能です。

消費者金融を利用した方がいい理由

Published / by setton

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、上限金利を比較してみると銀行は14.5%前後、消費者金融は18%前後で設定されているので銀行の方が条件が良いです。しかし消費者金融を利用した方がいいという声が最近になって増えてきています。そこでなぜ消費者金融を利用した方がいいのか理由を見ていく事にしましょう。

・融資スピードが早い

カードローンの申し込みをすると審査が行われますが、銀行は審査結果が出るまで数日かかってしまう事が多いので融資可能になるのも遅くなってしまいます。しかし消費者金融は審査が即日回答なので即日融資を受ける事が出来ます。融資スピードが早いのが消費者金融を利用した方がいい理由の一つです。

・無利息サービスがある

銀行は消費者金融に比べて金利が低く設定されていますが、初回の借り入れから利息が加算されていきます。しかし消費者金融は金利が高く設定されていても無利息サービスがあるので30日間は無利息でお金を借りる事が出来ます。少額の借り入れだと無利息サービスが適用されれば消費者金融の方が借り入れの条件が良くなってしまいます。無利息サービスが適用される初めて利用する人も消費者金融を利用した方がいいです。

キャッシング先の比較は詳細に行ってから決めたい

Published / by setton

キャッシングが必要になった時に、新規申し込みをする際は条件を慎重に比較して決める必要があります。なぜなら、見た目の金利だけでは返済総額が一概に多いか少ないか分からないからです。返済方法によっては、金利が同じであっても総利息が増えてしまい、損をしかねません。残高スライド元利定額リボルビング方式よりも、元金定額リボルビング方式の方が返済回数が少なくなるので、同じ金額を借入しても返済総額を減らせます。

一方、キャッシングの申込先を決める時には、金利と返済方法だけを比較しても最適な金融業者かどうかは分かりません。実際にキャッシングするためには、少なくとも申し込み審査に通過しなければならないからです。銀行カードローンでは、保証会社が実質的な審査業務を行っており、保証会社としてどの金融業者が指定されているのか確認してからの申し込みが必要です。過去にトラブルがあった金融業者が保証会社として付いていた場合には、確実に審査落ちしてしまうでしょう。

消費者金融の中には、大手ほど審査業務自体を外部委託しているケースがあるので、どの審査会社が担当しているか調べておくことも重要です。同時に2社に申し込みを行って、同じ審査会社が担当すると審査落ちリスクが高くなるからです。

おまとめローンの審査に通るポイント

Published / by setton

複数の金融機関から複数の借金をしている人にとって、おまとめローンはメリットの多いローン商品です。借金の管理が簡素化されますし、金利も低くなることが多いので総返済額を減らすことができます。ただし、そのメリットもおまとめローンを利用できるという条件が必要です。おまとめローンの審査に通ることが必須条件なのです。

一般的におまとめローンの審査は他のローン商品よりも審査が厳しくなっていることが普通です。審査が厳しくなる理由は金融機関からみておまとめローンの利用を希望する人はリスクが高い人であるからです。多重債務者に融資をすることと金利を低くすることで金融機関の融資リスクが格段に上がります。

しかし、諦めればおまとめローンのメリットを受けることができませんから、おまとめローンの審査に通るように行動しましょう。おまとめローンの審査に通るためには2つの行動が有効です。一つは返済能力を上げることです。給与が増えた、派遣社員から正社員になった、などでは金融機関の審査に返済能力をプラスをアピールできます。もう一つは他の借入件数を減らすことです。借入件数が多ければ多いほどおまとめローンの審査には通りにくいと考えるべきです。完済できるものは完済してしまいましょう。

銀行カードローンと総量規制外について

Published / by setton

2010年の改正貸金業法の完全施行によって銀行を除く貸金業者は総量規制の法的な規制を受けることになりました。具体的には貸金業者は顧客の年収の三分の一を越えての融資をすることは禁止になったのです。法的な拘束力をもっといますから、強力な規制です。一方の銀行は銀行法では総量規制は導入されませんでしたから、銀行は総量規制の対象外となっています。

事実関係を見れば、貸金業者は総量規制の対象であるから商売に不利であり、銀行は総量規制の対象外であるから商売に有利と見えます。しかし、実際にはそれほど単純ではありません。銀行においては確かに総量規制の対象外であることは不利ではありませんが、普通で考えるより有利というわけではありません。

貸金業法で貸出の規制がおおなわれるのはそれ以上の借入をすると返済に支障が出やすいという基準でもあります。総量規制の対象外であるからといって年収の三分の一以上の貸出をすれば、貸倒れのリスクが大きくなることを意味しています。

貸倒れのリスクが大きい貸出を金利の低い銀行がかんたんにではできるはずもなく、銀行にとっては総量規制の対象外ということは貸出額の大きな増加には繋がらいなということなのです。

すぐにキャッシングを利用するための手順

Published / by setton

すぐにキャッシングを利用するための手順は、キャッシングの流れを知っておく必要があります。即日融資を行う上でも流れを知っている事は非常に大切な事になるので、流れを事前に把握して消費者金融を利用するようにしましょう。お金がどうしても必要になりキャッシングを行う場合は、まずは業者選びを行う必要があります。業者はそれぞれが独自のカラーでサービスを展開していますが、少しでも自分に適している業者を選ぶ事が大切です。また信頼する事が出来る業者を選ぶ事が大切になるので、評判なども確認した上で利用を考えるようにしましょう。

様々な業者を比較して利用したい消費者金融が決まったら、申し込みを行う事になります。申し込みは電話やインターネット、店舗、無人契約機などを利用することが出来ますが、それぞれにメリットがあるので好きな方を選んで申し込みましょう。また様々な書類などが必要になります。身分証明書としては免許書が利用出来ますし、パスポートや健康保険証などでも大丈夫です。しかしパスポートや健康保険証の場合は住民票も必要になるので用意するようにしましょう。借り入れ額が50万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。源泉徴収票、確定申告書、など最新のものを用意するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしても利用可能

Published / by setton

複数の金融機関から借り入れがある場合、返済日や返済金額、借入元金などはバラバラであることが多く、返済管理を難しくしている大きな要因になっていると言っても過言ではありません。

そんな複数社にまたがる借入金を一本化できるローンサービスをおまとめローンといいますが、三井住友銀行のカードローンはおまとめローンとしても利用可能なので、複数の消費者金融などから借入金がある場合には、利用をおすすめします。

一般的な消費者金融系のキャッシングの場合は最大金利は18.0%となっていますが、三井住友銀行カードローンの最大金利は14.5%となっています。従って消費者金融から借り入れがある場合は三井住友銀行カードローンへまとめることで支払利息を大きく節約できる可能性が高いのです。

加えて三井住友銀行カードローンは、契約極度額が最高で800万円と高額設定な上に、銀行カードローンということで総量規制外となっています。

他社からの借り入れ金をまとめた結果、高額になってしまった場合でも、年収の3分の1を超えてしまっている場合でも安心して利用ができるのです。

なお三井住友銀行カードローンはインターネットバンキングから申し込みを行うことで、本人確認書類の提出が不要となるので、契約にかかる手間を少なくすることができます。

楽天銀行スーパーローンの特徴で利用者がメリットになる点

Published / by setton

銀行のカードローンのサービスは大手銀行が主流でしたが、ネットの発達とスマホの普及によってネット銀行を選ぶ人が増えてきています。ネット銀行の中で最も有名な楽天銀行のカードローンのサービスの楽天銀行スーパーローンを利用する人が特に増えてきていて今後ネット銀行のカードローンが主流になっていく可能性があります。そこで特に利用者が多い楽天銀行スーパーローンの特徴について見ていく事にしましょう。

・上限金利が14.5%と低金利なので借り入れする時の安心感がある

楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%前後に設定されていて消費者金融の18%より大幅に低くなっています。借り入れする時に加算される利息も少なくなるので安心して返済していく事が出来ます。完済までもスムーズなので低金利に設定されているのは利用者にとってメリットになります。

・すべての手続きがネットで完結

楽天銀行はネット銀行なので店舗や契約機が設置されていません。カードローンの申し込みをする時はネットでする事になるのでパソコンやスマホで申込手続きをします。ホームページから申し込みをすると契約手続きや借りいれなどすべての手続きが出来るので利用者にとってはすごく便利でメリットになります。

キャッシング返済は計画的にやりましょう

Published / by setton

キャッシングの返済というのは二つのやり方があります。それは約定返済と随時返済です。約定返済というのは口座を登録しておいて、そこから決まった日時に引き落としをしてもらうことです。

元本と利息を返済することになるのは同じではあるのですが極端に多い金額ではなく、どうしても返済期間が長くなってしまうと利息がとても多くなってしまう傾向がありますから注意しておきましょう。随時返済とはお金があるときに約定返済以外で返済する、ということです。

これが最も重要なポイントであるといえますから、しっかりと実行しておくことをお勧めします。何かと大変ではありますが昔よりはかなり良くなっていることであるといえるでしょう。具体的にはいいますと昔は自分で返済をしにいく必要があったからです。

しかし、今では勝手に口座から、ということができるようになっていますから極めて楽ができる状態であるといえます。総量規制などによって借りにくくなっていると思う人もいるかもしれませんが、それでも昔よりは利便性が高くなっていることは確かです。借りることはよいのですが、あくまで計画的に借りるようにしましょう。返済計画を立ててこそ、利用するメリットがあるサービスであるといえます。