月別アーカイブ: 2017年10月

アルバイトをしている人でもキャッシングできる

Published / by setton

週1回だけアルバイトをしているという人でも、キャッシングの審査は通ります。審査で通る条件は、休まずにバイトをしている、働きぶりが真面目などなので問題なく突破する場合がほとんどです。あと、この場合の借りられる限度額は最大で約数万円前後です。

契約したのが消費者金融ならネットか提携しているATM、銀行の場合は店舗やコンビニATMを使って返済できます。返している場面を見られたくない時は、周囲から分かりにくいコンビニATMを使うと便利です。

アルバイトとして毎日8時間か、深夜に4時間働いているなら週1の人よりもキャッシング面で有利です。審査も普通に働けていることを理解してもらえるので、数十分程度で終わります。また、アルバイトとしての給料が正社員に近いので、借入限度額をかなり高めに設定してもらえます。人によっては100万を超えることもあり得るので、その時は自身の働きぶりを評価してもらえたことになるため、誇っても良いです。

どちらの場合もキャッシングの契約をする際に、身分証明書が必要となります。原付か自動車免許がなければ、写真つきの学生証か保険証を使えば対処可能です。印鑑については、借入希望額が大きい時に使うことがありますが、少額なキャッシングをしたい場合は不要です。

キャッシングの利息額を減らすには

Published / by setton

キャッシングを利用すれば、利息額をプラスした金額を返済しなければなりません。

利息額を少なくすることがキャッシングを利用する際に必要なことですが、利息額をするナクするためにもっとも有効な方法が短期間に返済してしまうことです。

金利なども気にしなければなりませんが、それよりも返済を短期間にするほうが効果が高いのです。

それは、利息額は残った借入元本から計算されることに理由があります。借入元本を減らさないと利息額も減っていきません。

借入元本を減らすためにはたくさんの金額を返済して借入元本に充当される金額を増やす必要があります。

特にキャッシングの返済の初期にたくさん返済することは利息額を減らす効果が高くなります。

銀行カードローンをおまとめローンとして使ってみよう

Published / by setton

銀行カードローンは、総量規制対象外ですから、返済能力が十分にあれば実質的なおまとめローンとしての借り換えに適しています。消費者金融が行っている貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の例外として認められているので、おまとめローンへの借り換え後には完済するまで他社からの借入は制限されます。

総量規制に抵触しない程度まで融資残高が減った後は、本来ならば追加融資を受けられてもおかしくありませんが、業界内の自主規制により追加融資が行われることはありません。いざという時に追加融資を受けられないリスクを抱えたままおまとめローンを利用することになります。

一方、銀行カードローンならば、最初から借り換え目的を禁止されていない限りは大きな利用限度額を活かしておまとめローンとしての利用が可能です。返済を継続することで、いざ急な出費が増えた時に追加借入を行なうことが出来ます。なぜなら、銀行カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能だからです。

おまとめローンとして借入を行っているわけでは無いので、追加融資を受ける際に問題が発生しません。銀行カードローンを利用すれば、計画的な返済を低金利で行えるので、一度検討してみると良いでしょう。