月別アーカイブ: 2017年7月

カードローンの借入先は幅広い選択肢から選ぼう

Published / by setton

カードローンの申込み先を検討する時には、金利設定がなるべく低くて返済日を自由に設定出来る所が理想です。更に返済方法が元金定額返済ならば、利息額を最小限に出来るので嬉しい限りですが、実際には残高スライドリボルビング方式という最も利息が増える方式が多く採用サれています。

随時返済を組み合わせることで、なるべく元金返済額を一定とすることが出来ますが、元金計算方法を覚える必要があり、管理に手間がかかります。借入しやすい消費者金融よりも、多少不便はあっても返済しやすい銀行カードローンを選ぶことが賢明となるわけです。

銀行カードローンならば、総量規制対象外ですから、信用を付ければ利用限度額アップも狙えます。利用限度額アップが行えた段階で、他社借入がある際には実質的な借り換えを行なうと、毎月支払う利息額を減らすことが出来るでしょう。信用金庫が身近にあり、預金口座を持っているならば、信用金庫のカードローンも信販会社の商品を扱っているだけでなければ総量規制対象外です。

銀行カードローンの審査が厳しいと感じていても、消費者金融の金利設定は高いと考えるなら、間をとって信用金庫のカードローンを検討してみると良いでしょう。

キャッシングの返済で金利よりも重視すべきこと

Published / by setton

キャッシングを利用する時に金融機関のどの利用条件を重視すればいいのでしょうか。ほとんどはまずは金利、次に審査が厳しいかどうかを重視するのではないでしょうか。しかし、キャッシングを利用する際にもっとも重視しなければならないのは金融機関の利用条件ではなく、利用期間を短くすることなのです。

もちろん、金利が低い金融機関の利用を無視するというわけではありません。キャッシングの利用金額が多かったり、どうしても返済期間が長くなってしまうような借入では金利は最重要な要素であることは事実です。返済期間が同じであれば、金利が低いほうが利息額は少なくて済みます。

ただ、利用金額が大きくないという場合には金利の高い低いよりも返済を早くしてしまう方が利息額が低くなるのです。その理由は金融機関のキャッシングの返済がほとんどがリボ払いになっていることが影響しています。リボ払いですと元本が多く残っている間は返済額に利息額が占める割合が大きくなっていまいます。

元本を減らさないと利息額は大きいままですし、ますます返済期間も長くなってしまいます。無理な返済は止めましょうは道理ですが、返済できるギリギリの返済をすることは自分を助けることにつながるのです。

消費者金融、自動契約機で申し込むには

Published / by setton

消費者金融で契約をする場合、自動契約機を使って申し込みをすることができます。

この自動契約機を使うメリットとしては、

・手続きがスムーズ

・人に見られることがない

などがあります。

「消費者金融を利用することを人に見られたくない」という人にとっておすすめのサービスです。

たとえばプロミスの場合、自動契約機を利用した手続きにかかる時間は、「約30分」となっています。

さらに、審査に通り契約が完了すれば、その場で借り入れをすることが可能です。

自動契約機で申し込みをする場合も、そのほかの申し込み方法と同様で、本人を確認できる書類が必要となります。

この「本人を確認できる書類」とは、プロミスの場合、

・運転免許証

・パスポート

・保険証+住民票

のいずれかとなります。

必要書類を持参した上で申し込み手続きをし、審査が完了すれば、その場でカードが発行されます。

このカードでの借り入れは、プロミスのATMだけでなく、コンビニATMでも使用することができます。

コンビニで利用できるのは、非常に便利ですね。

手軽で便利な、消費者金融の自動契約機。

消費者金融での契約および借り入れを検討している場合は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。