月別アーカイブ: 2017年4月

おまとめローンの審査に通るポイント

Published / by setton

複数の金融機関から複数の借金をしている人にとって、おまとめローンはメリットの多いローン商品です。借金の管理が簡素化されますし、金利も低くなることが多いので総返済額を減らすことができます。ただし、そのメリットもおまとめローンを利用できるという条件が必要です。おまとめローンの審査に通ることが必須条件なのです。

一般的におまとめローンの審査は他のローン商品よりも審査が厳しくなっていることが普通です。審査が厳しくなる理由は金融機関からみておまとめローンの利用を希望する人はリスクが高い人であるからです。多重債務者に融資をすることと金利を低くすることで金融機関の融資リスクが格段に上がります。

しかし、諦めればおまとめローンのメリットを受けることができませんから、おまとめローンの審査に通るように行動しましょう。おまとめローンの審査に通るためには2つの行動が有効です。一つは返済能力を上げることです。給与が増えた、派遣社員から正社員になった、などでは金融機関の審査に返済能力をプラスをアピールできます。もう一つは他の借入件数を減らすことです。借入件数が多ければ多いほどおまとめローンの審査には通りにくいと考えるべきです。完済できるものは完済してしまいましょう。

銀行カードローンと総量規制外について

Published / by setton

2010年の改正貸金業法の完全施行によって銀行を除く貸金業者は総量規制の法的な規制を受けることになりました。具体的には貸金業者は顧客の年収の三分の一を越えての融資をすることは禁止になったのです。法的な拘束力をもっといますから、強力な規制です。一方の銀行は銀行法では総量規制は導入されませんでしたから、銀行は総量規制の対象外となっています。

事実関係を見れば、貸金業者は総量規制の対象であるから商売に不利であり、銀行は総量規制の対象外であるから商売に有利と見えます。しかし、実際にはそれほど単純ではありません。銀行においては確かに総量規制の対象外であることは不利ではありませんが、普通で考えるより有利というわけではありません。

貸金業法で貸出の規制がおおなわれるのはそれ以上の借入をすると返済に支障が出やすいという基準でもあります。総量規制の対象外であるからといって年収の三分の一以上の貸出をすれば、貸倒れのリスクが大きくなることを意味しています。

貸倒れのリスクが大きい貸出を金利の低い銀行がかんたんにではできるはずもなく、銀行にとっては総量規制の対象外ということは貸出額の大きな増加には繋がらいなということなのです。