銀行カードローンをおまとめローンとして使ってみよう

銀行カードローンは、総量規制対象外ですから、返済能力が十分にあれば実質的なおまとめローンとしての借り換えに適しています。消費者金融が行っている貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の例外として認められているので、おまとめローンへの借り換え後には完済するまで他社からの借入は制限されます。

総量規制に抵触しない程度まで融資残高が減った後は、本来ならば追加融資を受けられてもおかしくありませんが、業界内の自主規制により追加融資が行われることはありません。いざという時に追加融資を受けられないリスクを抱えたままおまとめローンを利用することになります。

一方、銀行カードローンならば、最初から借り換え目的を禁止されていない限りは大きな利用限度額を活かしておまとめローンとしての利用が可能です。返済を継続することで、いざ急な出費が増えた時に追加借入を行なうことが出来ます。なぜなら、銀行カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能だからです。

おまとめローンとして借入を行っているわけでは無いので、追加融資を受ける際に問題が発生しません。銀行カードローンを利用すれば、計画的な返済を低金利で行えるので、一度検討してみると良いでしょう。