利用限度額は10万円毎とコース毎ならどっちがいい?

銀行カードローンの契約を検討する際、利用限度額が『10万円毎』またはコース毎の2パターンがあるのに気付く筈です。各銀行毎にそれぞれ異なり、コース毎の方が利用限度額が高くなるのではないかと期待します。しかし、コース毎に利用限度額が選択出来る場合、審査自体が厳しめになるだけでなく、金利も固定されるといったことになってしまいます。また、必要最小限の利用限度額を確保したいという場合、余計な限度額となり、選択肢の幅が狭まる可能性もあります。

一方で、10万円毎に利用限度額が決定される場合、余計な限度枠で契約をせずに済むだけでなく、契約者自身が限度額を減らして申し込むことも可能になります。また、金額が高くなるほど審査が厳しくなるため、初めのうちは最小限の限度で申し込みを行い、増額案内を待つという方法も出来ます。さらに、限度額が10万円毎に設定される場合、他ローン審査の前に利用していない分の限度枠を減らして、審査結果に有利な条件にすることも出来ます。

実際、コース毎の場合は固定金利により、金額毎に金利も下がるカードローンもあり、双方に一長一短があります。そのため、ライフスタイルや利用目的に合わせたカードローンを契約することが重要になります。ただし、コース毎のカードローン選ぶポイントとしては、100万円以下のコースが多いものがおすすめとなり、選択肢が多くなります。