キャッシングの申し込みの年齢制限について

キャッシングを利用するには、キャッシング会社の申し込み資格を満たす必要があります。ほとんどのキャッシング会社の申し込み資格は「20歳以上の安定した収入」ということになっています。これだけを見れば下限年齢だけがあるように見えるので、上限年齢についてはわかりにくいのですが、キャッシング会社のほとんどは年齢の上限を設けていることが多いのです。

キャッシングの上限年齢についてはそれぞれの会社によって違いはありますが、ほとんどで65歳から70歳程度となっています。例え、高齢になっても仕事をもっており、かなり安定した収入があるという人であっても年齢制限は申込資格ですから、キャッシング各社の年齢の制限を超えるとキャッシングを利用することはできないのです。

なぜこのような上限年齢があるのかは「定年」と「年金」が大きく関わっています。大多数のサラリーマンは定年を迎えると収入がなくなっていまうか、大幅に減少してしまうことになります。それが返済能力に大きな影響を与えています。それに、キャッシング会社では年金を安定した収入に含めないので、高齢になると返済能力が減るとされるのです。高齢化の時代に上限年齢は低すぎると言えるかもしれませんが。