アルバイトをしている人でもキャッシングできる

Published / by setton

週1回だけアルバイトをしているという人でも、キャッシングの審査は通ります。審査で通る条件は、休まずにバイトをしている、働きぶりが真面目などなので問題なく突破する場合がほとんどです。あと、この場合の借りられる限度額は最大で約数万円前後です。

契約したのが消費者金融ならネットか提携しているATM、銀行の場合は店舗やコンビニATMを使って返済できます。返している場面を見られたくない時は、周囲から分かりにくいコンビニATMを使うと便利です。

アルバイトとして毎日8時間か、深夜に4時間働いているなら週1の人よりもキャッシング面で有利です。審査も普通に働けていることを理解してもらえるので、数十分程度で終わります。また、アルバイトとしての給料が正社員に近いので、借入限度額をかなり高めに設定してもらえます。人によっては100万を超えることもあり得るので、その時は自身の働きぶりを評価してもらえたことになるため、誇っても良いです。

どちらの場合もキャッシングの契約をする際に、身分証明書が必要となります。原付か自動車免許がなければ、写真つきの学生証か保険証を使えば対処可能です。印鑑については、借入希望額が大きい時に使うことがありますが、少額なキャッシングをしたい場合は不要です。

キャッシングの利息額を減らすには

Published / by setton

キャッシングを利用すれば、利息額をプラスした金額を返済しなければなりません。

利息額を少なくすることがキャッシングを利用する際に必要なことですが、利息額をするナクするためにもっとも有効な方法が短期間に返済してしまうことです。

金利なども気にしなければなりませんが、それよりも返済を短期間にするほうが効果が高いのです。

それは、利息額は残った借入元本から計算されることに理由があります。借入元本を減らさないと利息額も減っていきません。

借入元本を減らすためにはたくさんの金額を返済して借入元本に充当される金額を増やす必要があります。

特にキャッシングの返済の初期にたくさん返済することは利息額を減らす効果が高くなります。

銀行カードローンをおまとめローンとして使ってみよう

Published / by setton

銀行カードローンは、総量規制対象外ですから、返済能力が十分にあれば実質的なおまとめローンとしての借り換えに適しています。消費者金融が行っている貸金業法に基づくおまとめローンは、総量規制の例外として認められているので、おまとめローンへの借り換え後には完済するまで他社からの借入は制限されます。

総量規制に抵触しない程度まで融資残高が減った後は、本来ならば追加融資を受けられてもおかしくありませんが、業界内の自主規制により追加融資が行われることはありません。いざという時に追加融資を受けられないリスクを抱えたままおまとめローンを利用することになります。

一方、銀行カードローンならば、最初から借り換え目的を禁止されていない限りは大きな利用限度額を活かしておまとめローンとしての利用が可能です。返済を継続することで、いざ急な出費が増えた時に追加借入を行なうことが出来ます。なぜなら、銀行カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し借入と返済が可能だからです。

おまとめローンとして借入を行っているわけでは無いので、追加融資を受ける際に問題が発生しません。銀行カードローンを利用すれば、計画的な返済を低金利で行えるので、一度検討してみると良いでしょう。

キャッシングの増額申込みについて知っておくこと

Published / by setton

キャッシングの利用限度額は初回にはあまり高額な金額設定になるということはほとんどありません。キャッシング業者の利用限度額が500万円であっても、始めの利用限度額は50万円以下に設定されることがほとんどです。

キャッシングの利用限度額を増額したいと考えている場合には、6ヶ月以上の利用実績が必要になると考えておきましょう。6ヶ月以下で利用限度額の増額申込みをしても、まず増額されることはありません。それに、利用限度額の増額にはキャッシング業者の審査が必要になります。また、自分では増額申込みをすることがなくても、キャッシング業者側から利用限度額の増額の勧誘がされることもあります。もちろん、キャッシング業者側から利用限度額が増額の勧誘があれば、利用者が利用限度額の増額を規模王することになれば、増額審査に通ることが多いようです。

消費者金融では総量規制の対象になっているので、年収の三分の一を超える融資をすることはできませんので、利用限度額の増額も最大で年収の三分の一までになります。キャッシング業者の最大利用限度額に関係なく、個人の総量規制により利用限度額があるということです。銀行では総量規制はありませんが、増額審査に通りにくくなっています。

自動契約機を使ったキャッシングの契約方法

Published / by setton

キャッシングの申込みにはいろいろな方法がありますが、自動契約機という方法もあります。これはどういう方法になるのでしょうか。これは無人契約機となることが多く、画面操作をするタイプが多いですね。

ATMのようにタッチ式の画面がありますから、それを操作していけばOKです。ここで入力が必要なのは、これからキャッシングへ申込みする方の氏名、住所、年齢、仕事、年収、現在借りている他のローンやキャッシングなど、審査に必要な項目です。

ちなみに、自動契約機以外の方法、たとえばそのキャッシングサービスの公式HPにある申込みフォームや、専用ダイヤルを使っても、これら申告が必要です。キャッシングの申込みには必ず必要な手続きになりますから、すべてきちんと申告してください。

自動契約機を使ってこの申込みをすると、その場ですぐに審査となり、待っていればその場ですぐに結果を連絡されます。合格だった場合、その自動契約機ですぐに契約手続きができ、それも終わればカード発行となり、すぐに借入できます。

このようなノンストップの手続きができるのが、自動契約機の特徴です。無人の機械ですから直接スタッフと顔を合わせる必要もありません。もちろんわからないことや聞きたいことがあれば、スタッフの呼び出しや連絡ボタンを押せば、すぐに連絡がつきます。

自動契約機はそのキャッシングサービスの店舗に設置されていることが多いです。非常に便利ですから、契約時に使ってみるといいでしょう。

ろうきんのカードローン「マイプラン」

Published / by setton

私は転職後、お金が足りなくなり、ろうきんの「マイプラン」というカードローンを利用しました。もともとはろうきんの営業マンから勧められて、とりあえず申し込んでいただけで、カードローンを使う予定など全くなかったのですが、急な出費が重なり、悩んでいた時に、マイプランを思い出して、とりあえず使ってみました。

とにかく使い方がよくわからず、ネットで調べても詳しく書かれていなかったので、とりあえずカードをATMに入れ、限度額いっぱいにお金を降ろしました。どうやって返済するのか、いつ返済が始まるのか、全く知らないまま、とりあえずお金だけは手にしてしまいました。

返済方法などについてネットで調べましたが、それもよくわからず仕舞いでした。ただ、ろうきんに電話をしたら、何もかもすぐに解決しました。返済が何月何日に始まるのか、どうやって入金するのか、などとても丁寧に教えてくれました。

マイプランはカードをつくるための審査が厳しいと聞いたことがあります。その分金利も安いですし、毎月最低5000円の返済で借りることができるので、安心感もあります。余裕があれば、繰り上げて返済することもできます。少額でも金利が安く、コンビニのATMでも使えるのでとても便利だと感じました。しょっちゅう使うものでもないと思いますが、マイプランカードを持っていて損はないと思います。

主婦がキャッシングを行なう際には銀行カードローンを優先しよう

Published / by setton

家計を預かる主婦がキャッシングを行なう際には、本人の収入有無により申込可能な金融業者の種類が変わります。本人にパート収入があり、希望借入額が少なければ消費者金融が候補に入るでしょう。しかし、専業主婦のように本人には全く収入が無ければ、貸金業法で定められた総量規制により消費者金融を始めとした貸金業者からは融資を受けられません。貸金業法以外の法律に準拠した融資を行っている銀行や信用金庫からキャッシングを行なうことになるでしょう。

銀行カードローンは、本人に収入が無くても配偶者との収入合算による審査を行ってもらえます。専業主婦ならば、本人の勤務先は無いので、配偶者の勤務先に電話連絡が入ると思われがちですが、基本的に配偶者の収入で審査を行っても勤務先へ在籍確認電話が入ることはありません。なぜなら、専業主婦が無収入でも生活出来る程度の収入があると見込まれるので、仕事をしていることは明らかだからです。個人信用情報機関へ信用情報照会をかけることで他社借入状況は確認出来るので、融資審査を行なうには十分でしょう。銀行カードローンの中には、専業主婦に対する申込みに寛容な銀行と厳しい銀行が存在するので、事前に下調べを行った上で申込先を選ぶことが大切です。

複数のキャッシングで実現可能とされる増額申込み

Published / by setton

増額申込みの仕組みは、複数のキャッシングのサービスにおいて導入されるものとして、現在関心が強く示されているのではないかと思います。既に融資を受けている人が、必要に応じて融資の増額を申請できる制度であると考えられており、条件に合致する人に向けて増額申込みの認可を与えることが展開されています。

柔軟にキャッシングのサービスを利活用するきっかけになると考えられていることから、増額申請のできる仕組みを取り入れるキャッシングのサービスは、ユーザーからも利便性の高いものとして評価が示されています。

融資の増額を申請する際には、各金融機関によって条件が指定されていると考えられています。

その条件に合う人に対しては、増額申込み後に審査を実施することがプロセスに組み込まれており、その後に増額の可否を決めることが一般的な流れとなっています。ケースバイケースで増額申込みの方法は異なると認識されていますが、スムーズに申請やその後の審査に入ることができる可能性は高いのではないでしょうか。

そのため、増額申込みの仕組みを上手に活用する融資を受ける人は、これまでに比べて更に多くなるのではないかと考えられており、この仕組みが浸透することが期待されています。

誰かに借金をする前にキャッシングを検討しよう

Published / by setton

様々な理由によってお金が足りなくなってしまった場合は、どのようにその状況を乗り越えたら良いのでしょうか。

そのような状況において誰かにお金を借りるという方法を選ぶのは、自分の信用を保つためにもあまりオススメする方法とは言えません。ではどのような方法を選んだらよいのでしょうか。

誰かに借金をする前にキャッシングを検討しまししょう。キャッシングとは消費者金融や銀行がサービス展開をしているサービスで、住宅ローンやマイカーローン等とは違い、特定の用途に限定せずに借り入れを行うことができるサービスです。

またキャッシングとは別にカードローンと呼ばれるサービスもあり、どちらもそれぞメリットがあるので、自分の使いたい方に合わせて選ぶと良いでしょう。

基本的にキャッシングもカードローンも同じようなサービス内容になっていますが、カードローンの場合は限度額以内の利用を何回も行うことが可能です。

審査は最初だけになるので、最初にカードを発行した後は、利用する金額を自分で決めて自由に利用することが可能です。

自由に利用することができるといっても返済はしっかりと行う必要があるので、返済計画を十分に立てるようにしましょう。毎日の生活にキャッシングやカードローンを活用してみましょう。

自営業者の配偶者はキャッシング契約が出来ないのか?

Published / by setton

公務員やサラリーマンなどといった給与所得者の配偶者であれば、銀行カードローンやフリーローン、そして配偶者貸付に対応した消費者金融のキャッシングローンを契約することが出来ます。いわゆる、専業主婦でも借り入れ出来るということです。

しかし、気になるのは配偶者が自営業すなわち個人事業主の場合、専業主婦も貸付対象としているキャッシングローンが契約出来るかということです。銀行や消費者金融の場合、事業性資金に利用することが出来ません。結果、個人事業主は契約出来ないケースが多々あります。この影響が、配偶者に影響するかというと影響してしまいます。

そのため、個人事業主の配偶者がおり、専業主婦となると借り入れは出来ないと考えるのが妥当です。ですが、専業主婦ではなく、自営専従者となっていれば別です。この場合、個人事業主である配偶者から給与を貰っていることになり、収入は自分自身のものとなります。結果、配偶者の給与で返済しないため、銀行や消費者金融のカードローンを契約出来るケースがあるものの、ただし、確定申告を行うことが必要です。

旦那さんの職業により、自分自身もキャッシング契約に影響を避けるには専業主婦という属性から、自営専従者となることがおすすめです。パートやアルバイトにより収入を得るという方法もありますが、家業を手伝う必要があり、時間が割けないという人にはメリットは大きいものとなります。