長く続いた不況からようやく脱出しつつある日本経済ですが、やはり家計費の圧迫は未だに終息に至っていないと思います。家計圧迫の原因は、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンそしてキャッシングだと考えます。しかし、住宅ローンや教育ローンなどは高額なため、借り換えなどなかなか難しいです。

そこで少しでも利息や返済金額を抑えるために選ばれるのがおまとめローンです。これに向いているのが、マイカーローンやキャッシングです。しかし、おまとめローンを申請する際に重要なのがキャッシングとも言われています。現在では、クレジットカードの多くにキャッシング枠が設けられています。

突然の出費にも対応が可能なため、非常に便利ですがクレジットカードが増える毎におまとめローンの審査合格率が低下します。それは、キャッシングもローンと考えられ収入に対する割合が定められているからです。クレジットカードは様々な店で特典を受けるために作ってしまいますが、キャッシング枠だけは使用しないまたは元々付帯させないことをオススメします。

キャッシング枠が足枷になり、おまとめローンが組めなくなります。返済期間や返済金額の抑制は非常に効果的です。そこで、もしおまとめローンを審査するのであれキャッシング枠の廃止や不要なクレジットカードの解約をオススメします。解約後、半年ほど時間を設け、おまとめローンを申請すると審査の合格率が向上します。

これにより、少しでも出費を抑えることが出来ますので、審査前に一度確認する事をオススメします。

キャッシングサービスの利用者を保護する目的で制定された法律が総量規制という法律になります。総量規制の法律によって年収の3分の1を超えるキャッシングの利用が不可となり、まとまったお金を借りることが以前よりも難しくなりました。しかしこの総量規制の法律は全てのローンやキャッシングに適用されるわけではなく、総量規制対象外となっているローンやキャッシングも数多くあります。

総量規制対象外となるローンやキャッシングの代表的なものが銀行からのローンやキャッシングとなります。具体的に言うと、銀行で申込をして借りた住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやカードローン等が当てはまります。

カードローンは借りたお金が自由に使えますし、無担保となっていることが多いので、消費者金融のキャッシングと同じような感覚で使うことができるのでおすすめです。

おまとめローンを利用すれば、返済負担を抑えることが可能です。おまとめローンとは、利用している複数の借入を一本化することです。具体的には、おまとめローンとして借りたお金を、これまで利用していた複数の借入の返済に充てます。そうすることによって、複数の借入は全て完済することが出来て、その後はおまとめローンのみを支払っていくことになります。

おまとめローンを利用すれば、これまで毎月何回も行っていた返済処理を一回で済ませることが出来るようになるメリットがあります。しかし単に借り換えを行っただけでしたら金額的なメリットは有りませんが、これまで利用していた借入よりも低い金利でおまとめローンを利用出来れば、金利の差額分だけの返済負担を軽減させることが可能です。

また、おまとめローンでは約定返済額をこれまでよりも低く見直すことも可能です。たとえば100万円を3箇所から借りていて、毎月の約定返済額が合計5万円の場合に、おまとめローンとして300万円の融資を受けて、約定返済額を3万円にすると言った方法です。そうすれば、月々の返済負担を減らすことが出来ますので、家計にも余裕を持たせることが可能です。

しかし毎月の約定返済額を減額させると言うことは、その分完済するまでの期間が延びるということになります。そうなると折角借り換えによって金利負担を軽減出来たにも拘らず、利息負担が逆に増えてしまうことになり、最終的な総支払額が借り換え前よりも増える恐れがあります。ですので、おまとめローンを利用する際には、必ず完済するまでの返済シミュレーションを行うことが必要です。

ローンの借り換えには、通常のカードローンをおまとめ用として利用することも出来ますし、おまとめローンとして商品化されたサービスを利用する方法もあります。通常のカードローンでしたら、即日融資を受けることも可能ですが、総量規制の対象となりますので、既に複数の借入を利用している方の場合は、規制に引っ掛かってしまう恐れもあります。その点、おまとめローンでしたら、総量規制に関係なく利用することが出来ます。

キャッシングは確かに便利なものですが多くの業者から借りすぎて毎月返すのが大変になってしまうという話もよく聞きます。

また便利だからと多くの業者からお金を借りる人がいるものですがその額が多くなると首が回らなくなるのも事実ですよね。

これは例えばお金を3社から借りている場合、他社どうしですから返済の期日も違えばそれぞれにかかる利息も当然ありますので毎月返済が苦しくなりますよね。

そんなときには利息の安い業者でまとまったお金を借りて1本化してしまえば月々の返済も減らせますし利息もひとつの場所のみで済むようになるのです。

これをおまとめローンでの返済方法と言うのですが長い目で考えてもまとめてしまった方が余分なお金もかからなくて済みますし便利ですね。

いろいろなネットでの買い物の支払いに楽天銀行を使用しているので、その繋がりで楽天ローン(カードローン)を利用してお金を借りる事にしました。
お金を借りるといっても何百万円も借りるわけではなく、数万円程度ですのであまり深く考えずに楽天銀行にしました。

実際に申し込んでみて一番良かったところは、コンビニのATMの手数料が無料なところでした。
月に一度くらい本当に小額ですが借りる機会があり、大体がコンビニのATMを使って借りるので、いつ行っても手数料が無料だというのは地味に有り難かったです。

また、ネットショッピングなんかで家から出たくないといった時に、楽天銀行の口座に振り込んでくれるのはけっこう便利です。
クレジットカードで分割で買っても良いのですが、限度額の問題でクレジットカードが使えない事も多々あるので、そういった時にとても有り難いと思いました。

街中に実店舗が無いという事で、最初はちょっと不安な面もありましたが、それを見越してかサポートは使いやすく、チャットでの質問なんかはしやすくて良かったです。
緊急の時は電話でのサポートも受け付けてくれますし、思ったよりもしっかりしていたので驚きでした。

申し込みのしやすさ、金利の低さ、サポートの充実などからカードローンの初心者にもお勧めだと思います。

大手のキャッシング会社の中でもレイクが力を入れている分野があります。それは何でしょうか。その分野とは無利息ローンです。最近では多くのキャッシング会社が無利息ローンサービスを行っています。しかし、その中でもレイクの無利息ローンは非常にお得です。今日はそんなレイクの無利息ローンについて説明したいと思います。

まず、レイクが提供している無利息ローンサービスですが、実は2種類あります。1つ目は契約日から30日間、無利息になるというものです。もう1つは借入額5万円までは180日間無利息になるというものです。どちらも新規契約者であるという条件があります。

では、実際にどちらのほうがお得なのでしょうか。それは借入額の大きさ、さらには返済プラン、つまりどのくらいの期間をかけて返済する予定なのかがわかっていないと判断はできません。しかし、もし返済プランがしっかりと決まっているのであれば、レイクのサイトから簡単にシミュレーションをすることができます。

とはいえ、注意したしたい点があります。それは無利息期間の始まりは契約日からであるとういことです。つまり、借り入れを利用した日ではないので、そこを注意して欲しいと思います。それで契約したならすぐに利用するほうがお得であると言えます。

このようにレイクの無利息ローンを上手に活用するためには、事前のシミュレーションが重要であることがわかりました。ぜひサイトをチェックしてみてください。

キャッシングを複数の業者から行っていたり、より低金利な業者へ借り換えを検討している人にとって、積極的に視野に入れたいサービスといえばおまとめローンが挙げられます。

おまとめローンでは、多数の債務がある場合でも借金を一つにまとめることが可能となり、多数の業者と付き合いを続けなくとも、一社の業者のみの借金にすることが出来ます。

多重債務の状態だと返済管理が非常に大変であり、一ヶ月のうちに何度も返済期日に追われてしまったり、ついうっかりと延滞を引き起こしてしまうこともありがちです。

また、業者ごとに金利や返済日や借入の残高が異なると自分の借金の総額が判明しづらくなったり、完済の見通しを立てるのは至難の業です。

しかし、おまとめローンを組んで債務をまとめれば、月にたった一度の返済のみで借金が片付くようになりますし、金利や返済金額も統一されて一定となるので、とても安心です。

また、おまとめローンの最大の利点は、金利を引き下げられる可能性が非常に高い点です。

債務をまとめて大口での融資になれば金利が大幅に下がることもよくありますし、利息の負担を大幅に節約できます。

現状のお借り入れより金利が低いおまとめローンを見つけて借り換えを行えば、今より返済ペースを抑えられたり、完済の予定が早まるケースも多く、借金の総返済費用も削減することが出来ます。

キャッシングの契約時には限度額を設定されます。限度額は申し込み者の信用情報を元に決定されています。そのため、初回契約時には50万円以下が普通です。でも、もうちょっと増枠したいという人もいるでしょう。それは可能なのでしょうか。結論から言うと限度額の増枠は可能です。ここではキャッシングの限度額の増枠について見ていきましょう。

増枠するための条件は?

利用実績に問題がない場合はこちらから頼まなくても増枠してくれる事があります。利用実績に問題がないという事は優良顧客である判断されるからです。そのため、不意に増枠のチャンスが訪れる可能性があります。消費者金融とは顧客にお金を貸して利息を得る仕事なのですから信用できる人には積極的に融資したいのです。限度額が増枠される時には、業者さんから電話やATM利用時に知らせてくれる事が多いです。でも、いったいどのくらいの期間利用すれば増枠が可能なのでしょうか。ほとんどの会社では6か月以上の利用が目安となっているようです。

限度額を増枠するという事は信用がある、という事ですからそれなりの利用期間が必要です。しかし最近ではこれより伸びて9か月以上とか1年以上とかの長い利用期間が必要という傾向があります。増枠のペースはどれくらいされていくのでしょうか。増枠のペースは10万円ずつされていくのが一般的です。信用は一気に上がるというよりも少しずつ上がっていくものですから、それに合わせて限度額も増えていきます。いきなり、30万とか50万増えすとうのは業者からすれば不安なものです。

限度額の増枠に外せないポイントは?

限度額は審査によって決められます。そのため、利用実績が良好である事は重要です。しっかり返済できていたか、どんな借り方をしていたかを見れらます。1度でも返済の遅延があると難しくなります。また、利用実績が良くても他社から借りて返済にあてていたのでは余計に信用ダウンです。もし、返済にあてていなくても他社から借りたという時点で信用にはマイナスです。当たり前ですが複数の会社からお金を借りているとなると返済能力を疑われます。

後、忘れてはいけないのが個人情報の更新です。変更したならばなるべく早めに更新するべきです。そもそもこの事は規約で定められているものです。もし返済の遅延などがあった時に連絡がつかない人を信用するのは難しいです。キャッシングは上手に利用すれば頼もしい味方になりますが、使い方を間違えると大変な思いをする可能性がもあります。ご利用は計画的にしていきましょう。

▼ 即日キャッシングについて詳しく書かれています
キャッシングできる自動契約機のある場所ガイド

どうしても返済が難しい。

今月がそれでした。楽天スーパーローンの返済は月々一万円ですからそんなに負担ではないのですが、今月の支払日までにいろいろ物入りだったもので、あと数千円が足りません。

同僚に借りるとか、家族に借りるという手もあるにはあるのですが、ここはちょっと電話をしてみましょう、楽天銀行に相談しようと思いました。

専用デスクに電話をし事情を説明しましたら、返済専用の電話番号(フリーダイヤル)を教えてくださいました。

そこで相談をしますと、いつごろ返済できるのかとの質問。三日ほど遅れる旨を伝えますと、そのくらいならかまわないとのこと。

もちろん、延滞による損失金は発生しますが、それは返済する1万円から差し引くとのこと。それ以外に金利が上げられるということもなく、増額の申請に特に影響も出ないだろうとのこと。

相談してよかったと思いました。

家族や同僚にカードローンを利用していることを知られたくないというのは誰でも同じこと。

多少、返済額に影響は出るものの、無法な金額でもありません。

ただし、遅れた場合、督促のハガキは発送するとのことで、これは止められないようです。ただし、これも楽天銀行の名前で送られ、中身が見えない圧着式のハガキなので、家族には内容を知られることはありません(郵便物を勝手に開封されたら話は別ですが)。

連絡先への電話はあらかじめ遅れることを伝えておくと、連絡してこないという配慮もありがたいシステムです。

なお、三日後、ちゃんとコンビニのATMから入金を済ませました。

三日間の延滞料が引かれ、その残りを元金と金利に振り分けられていました。

どうしても返済が難しいという時は誰にでもあるもの。一番いけないのは、そのまま放置すること。

できることなら、あらかじめ電話をして、事情を説明しましょう。もちろん、返済はするのですが、いろいろ相談には乗ってくださいます。

キャッシングでお金を借りた後は、返済日までにお金を返済しなければなりません。

返済日は毎月決まっており、返済日前に返済することも可能です。

カードを用いてATMで返済を行えば、いつでも簡単に返済ができるためにとても便利です。

返済期日になってもお金を用意できなかった、といった状態になってしまっても、返済できない旨を連絡すれば、金融機関にアドバイスがもらえたり、金利のみ返済すればOKと、返済の遅延を許してもらえることがあります。

毎回返済を遅延していると、遅延損害金が莫大になったり、元金の返済が遠のいてしまう、というトラブルになってしまうために、返済を滞らせることはなるべく避けましょう。

滞り無く返済するためには、収入の確保と、節約がポイントとなります。

なるべく働き、節約を行いましょう。

アルバイトをしたり、残業を増やしたりすることで、収入を増やせます。

節約の方法ですが、家計簿をつけて無駄が無いか見直し、お金のかからない生活を心掛けると、ぐっとお金が浮きます。

お喋り、散歩、ウィンドウショッピング、勉強、副業などをして過ごし、食べる物を質素で健康的な物にして、見栄や贅沢を省き慎ましく暮らし、無駄のない生活を心がければ返済日までにお金を確保できなかったなんて事態も免れられます。

給料が入ったら即返済をするようにすれば、返済日にお金が無くて困ってしまったなんてことも、無くなります。

返済は一括返済や繰り上げ返済も可能であり、活用したいポイントです。